ブログ

高級感のある光沢とコシ「シルクツイルスカーフ」

シルクツイルスカーフ

有名ブランドの多くが採用している織り方

ツイルとは綾織り、または斜文織(しゃもんおり)とも言い、縦糸と横糸を交差させて生地にした三原織組織(さんげんそしきおり)の一種で、糸密度が高く、光沢感と丈夫なコシのある生地を作るために用いられる技術です。
生地を近くで見ていただくと、斜めに細かい筋が見られるのがわかります。
エルメスなど有名ブランドのスカーフの多くがこの織り方を使用しており、シルクの使用量が多いほど厚手で高額になります。

通年使えるほどよい厚みの生地。春・秋・初冬におすすめ

.Y(ドットワイ)のシルクツイルスカーフは、生地の厚さを日本の高温多湿の気候に合わせて調整した、良質の日本製です。
比較的にどの季節でも着用しやすくなっております。
特に春、秋、初冬におすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る