ブログ

スカーフのシミ抜き

スカーフのシミ抜き

おしゃれなシルクスカーフも、ちょっとしたシミがついてしまっただけで、台無しになってしまいます。
汚してしまった時には、すぐに落とすのが一番です。

醤油やコーヒーなど水性のシミ。ファンデーション、カレーなど油性のシミ。
シミの種類によってお手入れ方法が異なります。
ここでは、外出先でうっかりシミがついてしまった時の応急処置と、家に帰ってからの処置をご紹介します。

水性 油性
シミの種類 水性インク、醤油、ソース、お茶、コーヒー、ジュース、果汁、血液 など ファンデーション、口紅、油、カレー、トマトソース、クリーム、クレヨン など
外出先での応急処置 1. ティッシュで押さえて汚れを吸い取ります。
2. 汚れた面にティッシュを当てながら、ティッシュに汚れをうつすイメージで裏から固く絞ったおしぼりで叩く。
1. ティッシュで汚れをつまみ取り。
※この時、擦ったり、揉んだりしないこと。
家での処置 1. 清潔なタオルの上に汚れた面を下に向けて乗せ、4〜5本に束ねた綿棒に水をつけて優しく叩く。
2. 水で落ちない場合は、薄めた中性洗剤を使う。シミの輪郭部分に輪ジミが残らないように念入りに。
3. 水でもう一度叩いて、おしまい。
1. 清潔なタオルの上に汚れた面を下に向けて乗せ、4〜5本に束ねた綿棒にベンジンをつけて優しく叩く。
2.ある程度、シミが落ちたら、左の水溶性のシミを落とす要領で、シミ抜きをする。

※シミの中央から始めてしまうと、シミが薄く広がった輪ジミになりやすいので、必ず周囲から始めるのがポイントです。
※水性か油性かわからない時は、シミの上に、水を一滴たらしてみてください。水がしみ込むのは「水性」。弾くのは「油性」です。

関連記事

ページ上部へ戻る