ブログ

Vol.8 広川恵さん「自分スタイルを軸にエレガンスを極める MY AUDREY×.Yスカーフ」

vol8-1
Vol. 8

広川恵さん

MY AUDREY株式会社
代表取締役
サロンオーナー / 美容家
「自分が一番素敵に見えるものを知ること」
自分スタイルを軸にエレガンスを極める
MY AUDREY×.Yスカーフ
vol8-2
 10代の頃からお肌の悩みを抱え、様々な化粧品や美容法を研究。36歳の時に出会った素肌美を高める美容法を広めたいという思いから、美容サロンをオープン。さらに2015年には化粧品ブランド「MY AUDREY」を立ち上げ、女性本来の魅力を引き出す「ナチュラルエレガンス」をコンセプトに多くの女性の美をサポートしている。2児の母でもある。
> MY AUDREY 公式サイトはこちら
> 広川恵さんが巻いているスカーフはこちら

エレガンスを生きる女性は、ファッションやメイクに、そのセンスと生き方が浮かび上がるもの。
革新的で佇まいに迷いがない、凛とした強さをもつエレガンスを極めた女性は日々どのようなことを心がけているのだろう。
MY AUDREY株式会社 代表の広川さんにナチュラルエレガンスに生きるヒントを伺った。

「私はオードリー・ヘップバーンの生き方にとても影響を受けています。彼女の愛らしさや美意識、立ち居振る舞いはもちろんのこと、様々な人やもの、出来事などすべてに愛と思いやりをもって接する姿勢を尊敬しています。
大人の女性は仕事や子育てなど、悩みは尽きませんよね。私も同じです。でも、日常の一つ一つのことを楽しんで、そこにある喜びやきらめきに愛を感じることが毎日を変えていくと思っています。
あとは、物事をできるだけポジティブにとらえることが、表情や雰囲気に輝きや明るさをプラスするのではないでしょうか。それが容姿だけではない、内面から溢れ出るような美しさに繋がっていくと感じています。」

見た目だけのお仕着せの美しさではなく、生き方感じ方が美に繋がり、その人自身をつくっていく。その意識をもつことこそがエレガンスを生きる女性の証…そういった生き方や考え方をサロンや製品を通してお客様に伝えたいと語る広川さん。

「ファッションやメイクにしても悩みがちですが、周りの流行に合わせて日々あれにしようか、これにしようかと悩んで変えなくてもよいと思います。大切なのは、自分をキレイに見せられる定番のものを知ること。
20代は冒険しても、30代からはトレンドに左右されるような小手先の美しさではなく、常に自分が一番素敵に見えるものを意識して、洋服やメイク用品などを選ぶことをおすすめします。その軸がはっきりすると、表面的な美しさや若さを超えた、深みのある美しさをもつ女性になれると思います。」

まずは自分が一番素敵に見えるものを一つ一つ知っていくことが大事だという。
メイクで自分らしさを発見するポイントとは…

「その人らしさを引き出すためには、目元と口元のポイントメイクが重要です。私自身、アイライナーやマスカラ、リップグロスのあらゆる商品を試しましたが、なかなか納得のいくものに出合えなかったのです。
そこで、自分が使いたい理想の化粧品を追求し、どの方にでも自信をもってご紹介できる製品を作りたいと、起業しました。自分自身の納得のいくものをつくりだそうと試作を繰り返し、ようやく誕生したのが、MY AUDREYのエレガントシリーズです。
この製品は、あえて《30歳からの》というコンセプトにいたしました。それは、この年代以降が本当に必要とする美容成分や色、使用感にこだわった証です。今までいろいろなものを使ってこられた方にも、その良さを実感いただけると自信をもっております。」

vol8-3

広川さんが開発した自分らしさを高めるメイクの三種の神器、アイライナー・マスカラ・リップグロスは、口コミで広がり、モデルの愛用者も多く女性誌や美容雑誌でも度々取り上げられている。
自信に満ち溢れた笑顔で語る姿を見ると、広川さんのエレガンスが宿る製品に大人の女性が惹かれる理由がわかる気がした。

オシャレ感度の高い広川さんにスカーフの魅力を尋ねると、

「薄地のシルクスカーフでとても巻きやすいですね。柔らかな雰囲気で女性らしさを演出できます。
ドットワイのスカーフを知って、改めてスカーフの良さを実感できました。見た目も質感もエレガントなので、コーディネートに取り入れるだけで、改まった雰囲気になりますよね。
また、首元は年齢が出やすいので、紫外線対策や保湿効果など美容の面からも大人の女性におすすめしたいです。」

関連記事

ページ上部へ戻る