スカーフの織り

  1. シルクシフォンスカーフ

    ラグジュアリーなふんわり感「シルクシフォンスカーフ」

    ベールのような繊細な透け感とふんわり華やぐラグジュアリー感シフォンはフランス語で「光を通すベール地」という意味を持ち、その名の通り、透け感があり、とてもソフトでデリケートな生地です。縦糸と横糸をシンプルに一本ずつ折り合わせた平織りでできています。

  2. シルクサテンストライプスカーフ

    透きとおるようなツヤとなめらかな肌触り「シルクサテンストライプスカーフ」

    気品あふれる透明感とツヤ感 ドレスにも使われている織り方縦糸と横糸の交わる組織点をなるべく少なくし、その組織点を連続しないように分散させ、布面に縦糸か横糸のどちらかだけを緻密に浮かせて並ばせた朱子織の生地です。厚みのある部分と透け感のある部分を、交互にストライプ状に織った状態のもの。

  3. シルクツイルスカーフ

    高級感のある光沢とコシ「シルクツイルスカーフ」

    有名ブランドの多くが採用している織り方ツイルとは綾織り、または斜文織(しゃもんおり)とも言い、縦糸と横糸を交差させて生地にした三原織組織(さんげんそしきおり)の一種で、糸密度が高く、光沢感と丈夫なコシのある生地を作るために用いられる技術です。

ページ上部へ戻る